未分類 0 Comments

借金問題について弁護士の無料相談を利用する際は、いくつか準備しておくことでスムーズに相談することができ、弁護士も状況を把握しやすいので最適な債務整理の方法を提案してもらうことができます。

クレジットカード一般的に任意整理をする際に必要になるのが、運転免許証などの身分証明書、所有しているクレジットカードやキャッシュカード、印鑑などです。この他にも源泉徴収票や給与明細などの収入を証明するもの、預金通帳、不動産登記謄本や解約返戻金がある生命保険証書、退職金が証明できる勤務先の就業規則などの財産に関する書類、そして借金の契約書、取引明細書などです。これにプラスして、どの貸金業者からいくら借りて、いくら返済しているのかをわかる範囲でまとめて一覧表にしたものがあれば相談もスムーズに進めることができます。

債務整理を取り扱っている弁護士の中には、対面での相談に不安を感じる人のためにメールや電話での相談を受け付けている事務所もあります。また借金返済に苦しんでいるのは男性だけではなく女性も多いことから、女性スタッフが対応する相談窓口を設けている事務所もあるので、安心して相談することができます。借金の返済に困ったら、まずは弁護士無料相談を利用して現在の自分に最適な手続きを提案してもらい、苦しい借金返済の日々から解放されましょう。