未分類 0 Comments

弁護士に借金問題を相談した際に提案されるのが債務整理です。債務整理には借金を減額したり、支払いに猶予をもたせたりすることができるもので、借金の返済に悩む日々から解放されて平穏な日々を過ごすことができるものです

自己破産債務整理には過払い金請求、任意整理、民事再生、自己破産の4つの方法があります。借金の総額や相談者の状況などに応じて適した方法を選ぶ必要があります。例えば任意整理は、借金の減額や金利の引き直しなどを金融業者と交渉をすることで毎月の返済額を減額することができます。生活に支障のない範囲で減額が行われることで、その後の返済が楽になります。

また民事再生は個人再生とも呼ばれ、借金の返済が困難であることを裁判所に認めてもらうことで減額された借金を3年から5年程度で分割して返済します。住宅を所有している場合でも維持したまま借金の整理をすることができる方法ですが、民事再生を利用すると特定の職業に就けなくなるというデメリットもあります。

そして財産がないために借金の返済を続けることができないことを裁判所に認めてもらうことで行うことができるのが自己破産です。裁判所からの面積がおりれば法律上借金の支払い義務は免除されます。ただし、住宅や車など財産となるものは手放すことになります。